苦しんでいる人を助けるうつ病治療|克服すれば輝く笑顔を取り戻せる

ストレスを減らし、うつ病と決別
このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの改善に効果的

カウンセリング

うつ病に悩んでいる場合、食生活を見直すことも大切です。脳内伝達物質であるセロトニンの量を増やす食べ物は症状の改善に役立つと言われています。うつ病治療では医師の手助けが欠かせません。病院で薬を処方してもらった場合、用法用量を守って克服していきましょう。

もっと読む

うつに関する知識の重要性

悩むレディ

うつ病は初期の段階で治療することによって適切に克服することができます。そのためにもうつ病の種類を知っておきましょう。人がうつ病を発症する原因は多様です。脳の病気からうつになっている場合は病気治療を受けることが大切です。

もっと読む

もう頑張らなくていい

ナース

溜め込みやすい人

うつ病は、心の病気です。今の日本には沢山のうつ病患者がいると言われています。私の母も、数年前までその一人でした。今は克服し、元気に生活しています。うつ病と言っても、症状は人それぞれです。食欲が落ちたり、眠れなくなったり、何事にもやる気が起きなくなったり、急に朝起きれなくなったりすることもあるそうです。原因も様々なので、周囲の人からは気付かれにくいこともあると思います。一人で溜め込み、頑張りすぎてしまう人が発症しやすいので、うつ病の克服には、本人のストレスを解消することはもちろん、周囲のサポートも大切だと思います。克服とは、努力をして困難を乗り越えること、という意味ですが、うつ病は頑張りすぎて発症するものなので、「頑張れ」という言葉は言ってはいけません。「頑張らないこと」をしていくことが、克服への一歩です。克服までの道のりも、人それぞれ違います。すぐに治る人もいれば、なかなか治らない人もいます。私の母は、2年ほどの服薬とカウンセリング、診療でうつ病を克服しましたが、知り合いの中には7年ほど寝込んでいたという人もいました。母も、今でも月に一度カウンセリングに通っていて、その時々の自分の気持ちをカウンセラーと話すことで、毎日楽しく過ごしているとのことでした。しっかりと治療をして克服すれば輝く笑顔を取り戻せる事でしょう。

誰でも受診可能

うつ病は、精神科や心療内科など、心の病気を専門にしている診療科で診察ができます。精神科や心療内科のイメージが、なんとなく怖い人もいるかと思いますが、今は心に悩みを抱えている人が気軽に受診できるようなクリニックや病院が沢山あるので、うつ病かもしれない、と思ったらまずは受診してみるといいかと思います。完全予約制の場合もあるので、気になるクリニックや病院が見つかったら、電話で確認してみるのも一つの手です。私の母が、受診をしたきっかけは夜眠れなくなったことでした。それまで同じ家で過ごしていても、気付いていませんでしたが、夜おやすみと声をかけてからも、ずっと一人で起きていました。時には、朝まで同じ体勢のまま起きていることもありました。あくびなども出ず、本当に眠れなかったそうです。2年間の闘病生活の中で、病院も何度か変えました。診療の際は、検査をするというより自分の悩みや、今の気持ちなどを話すことが多いので、自分に合う先生を見つけることが大切とのことでした。実際にカウンセリングに力を入れているクリニックに変えたことによって、早く治ったのではないかなと思いました。今は、インターネットなどにも、うつ病チェックやうつ病診断という自分でいくつかの項目に当てはまるかどうかを確認できるものもあるので、受診に迷っている人は、ネットで調べてみるのもいいかもしれません。

性格と状況と治療

医師

うつ病は性格や状況によって引き起こされることが多いです。克服するためには家族や知人のサポートも必要ですが、精神科の力も借りることが大切です。精神科の治療は主に投薬療法・精神療法・静養の3つで行っています。

もっと読む

苦しい病から抜け出す

悩む女性

うつ病には大うつ病だけでなく、退行期うつ病のように特定の年齢になってから発症する種類が存在しています。自分のうつを知ることで適切な治療を受けて克服しましょう。家族がうつにかかっている場合、まずはうつに関する正しい知識を身につけてサポートしましょう。

もっと読む